アタマジラミをいち早く駆除する方法を見つけました

アタマジラミがしぶとい理由:繁殖力

  • 「アレ?何だかフケにしては大きいような・・・」
  • 「んっ?なかなか取れない・・・」

【確認】子どもの頭から、小さい粒のようなものは見つかっていませんか?

もしあるなら、すでにアタマジラミが寄生しているかもしれません。

なかなか取れないフケのようなものは、「アタマジラミの卵」の可能性があります。

【卵は、数日前から寄生していた証拠】

卵が見つかったら、何日も前から寄生していたことがわかります。アタマジラミは、耳のうしろや後頭部に潜んでいる事も多く、意外と気づきにくいのです。

このサイトで、「アタマジラミが見つかった場合」の対処方法をお伝えします。

アタマジラミとは

アタマジラミは、成虫で体長が2~4mm程度、色は、白や茶褐色の小さい虫です。

頭皮から吸血して栄養を補給し、「1日に5個ほどの卵」を産み続け、その卵がふ化して成虫となり、また卵を産みます。

この繰り返しで、数を増やしていくのです。

また、成虫の寿命は「30日~45日程度」なので、気づくのが遅れるとウジャウジャと数を増やし、処置にかかる時間や手間が増えてしまいます・・・。

こうならないためにも、「アタマジラミ駆除のポイント」と「具体的な対処方法」を確認していきましょう。

感染症のようだけど保険が適用されない・・・

【質問】アタマジラミの治療は、保険が適用されないことをご存じですか?

アタマジラミは、21世紀になっても絶滅しない、「しぶとい寄生虫」です。

ヒトからヒトへとうつるので、感染症のように思われることがあります。

しかし、このような寄生虫は、感染症(病気)ではないので健康保険が使えません。シラミ専用駆除剤の購入も含め、「100%自己負担」です。

また、病院から使用を推奨される駆除剤には、殺虫剤成分(ピレスロイド系フェノトリン)が使われています。

近頃は、こうした殺虫剤成分を含む駆除剤を子どもに使うのをためらう声が増えています。さらに、「卵は駆除ができない」ことにも注意しなくてはなりません。

「卵問題」の解決がシラミ駆除のカギ!

ピレスロイド系シラミ駆除剤の問題点は、2つあります。

  • 1つ目:殺虫剤成分が含まれていること
  • 2つ目:卵には効かないこと

ピレスロイド系の殺虫成分は、一般的な殺虫スプレーや農薬として幅広く使われています。アタマジラミでは、「幼虫」と「成虫」には効き目があります。

しかし、卵には効き目がないため、ピレスロイド系の駆除剤を使用する場合は、専用のクシで根気よく取り除くか、卵からふ化するまで待つしかありません。

しかも、中には、取り除けない「厄介な卵」があるのです。

それは、毛根付近の卵。

アタマジラミの卵は、髪の毛に固定されていることが多く、中には、毛髪の根元あたりにガッチリ固着している事があります。

この卵がしぶとい・・・。

卵は、セメントのような強力な接着成分で固定されているので、無理に取ろうとすると、子どもの頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

卵を取る際は、十分に注意してください。

卵にも効く、新しいタイプの駆除剤

このような、「卵問題を解決してくれる方法」が見つかりました。

それは、「シラミンローション」という新しいタイプの駆除剤を使用することです。

従来の方法では、卵が駆除できないので処置が長引いていました。それが、シラミンローションに切り替えることで、この問題が解決します。

しかも、シラミンローションに使われている成分は、100%天然のもので臨床試験もクリアしています。

  • 1つ目:天然成分100%で肌にも安心
  • 2つ目:幼虫、成虫、そして、卵も駆除できる

従来品の抱える「2つの問題」をどちらもクリアしてくれますね。

>>シラミンローションの詳細はこちら

シラミンローションについて詳しく知る前に、シラミ駆除に関する「よくある疑問」を「3つ」確認しておきます。

【疑問1】普通のシャンプーでは洗い流せないの?

アタマジラミは、シャンプーする程度では洗い流す事は出来ません。

しっかりシャンプーすれば、「それなりに取れる」と言われることもあります。

しかし、固着している卵を取ることは難しい。また、成虫は、水に濡れると髪の毛や皮膚にがっしりと爪を立ててしがみつく性質があるそうです。

シラミの見た目はダニと似ているので、動きものんびりというイメージになりがちです。実際は、素早く動けたり、流水の中では、特にしぶといそうです。

【疑問2】従来品では、どのくらい時間がかかる?

シラミ対策の市販薬として、日本では、「スミスリンシャンプー」が定番です。この製品に使用されているのは、ピレスロイド系の殺虫成分である「フェノトリン」です。

フェノトリンには、「虫の神経系をおかしくして、動けなくする作用」があり、ヒトへの有害性も少ないという理由から、シラミ駆除剤として一般的になりました。

臨床試験で安全性も確認されているそうです。

【質問】この製品なら、最短何日くらいで駆除できると思いますか?

だいたい「7日~10日前後」でアタマジラミの駆除が可能と言われています。

しかし、一度シャンプーしただけでは駆除できない上に、完全に駆除するには、スミスリンシャンプーが3本程度必要とも言われています。

そして、卵の問題です。

さらに、近年急増中の「薬剤耐性シラミ問題」も考えなくてはなりません。

【疑問3】薬剤耐性シラミは何が問題なの?

近年、薬剤耐性を持つシラミが増えているそうです。

【質問】薬剤耐性シラミとは、どんなシラミだと思いますか?

これは、スミスリンに含まれる「フェノトリン」など、強力な殺虫成分が効かないように進化したシラミのことです。

このタイプのシラミが数を増やし、問題視されています。

薬剤耐性シラミ問題を解決する方法

【質問】では、この薬剤耐性シラミは、駆除できないのでしょうか?

これも、シラミンローションを使えば解決できるそうです。

シラミンローションは、「脱水」と「窒息」という2つの方法で駆除を行います。

従来品とは「異なる駆除方法」によって、今までのアタマジラミと抵抗力を身につけた新しいタイプのシラミ、両方に効くことがわかりました。

シラミンローションの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 1つ目:従来はできなかった「卵の駆除」ができる
  • 2つ目:含まれる成分は、すべて天然成分なので安心
  • 3つ目:新タイプの「薬剤耐性シラミ」も駆除できる

これなら、作業をするお母さん、お父さんの負担も減らしてくれますね。

毛ジラミ対策にも同じように使える

シラミンローションは、毛ジラミ対策にも使用できるそうです。

子どもの頭皮、大人の陰毛付近など、皮膚の薄い部分にも安心して使用できますね。

大人に多い毛ジラミは、アレルギー反応で痒みが出る事もしばしばあるので、早く駆除したいものです。同時に、皮膚が薄く刺激に弱い部位なので、安全性も十分に考えなくてはなりません。

また、「剃毛したくない」場合も、シラミンローションなら最適です。

シラミ駆除3点セットの内容と使い分け方

シラミンには、ローションとは別に、「シャンプー」と「専用のクシ」が用意されています。

これら3製品の使い分けについて、触れておきます。

製品名 用途
シラミン専用クシ シラミの除去
シラミンローション シラミの直接駆除
シラミンシャンプー 残ったシラミの駆除と殺菌、予防効果

【1】専用クシで取り除く

アタマジラミが目視確認できるほど多い場合、シラミ専用のクシで出来るだけ取り除く事が最良な方法です。

また、成虫だけでなく幼虫や卵など小さくても梳き取る事ができ、金属製なので熱湯消毒も可能です。

【質問】では、専用クシを使う場合は、髪の毛を「乾かしたまま」or「濡らす」、どちらが良いと思いますか?

正解は、「髪の毛を濡らして使う」です。

シラミンローションを使用しながらだったり、使用後の死んだシラミを取り除くときにも使うことができます。

【2】ローションで直接駆除する

メインで使用するのが、シラミンローションです。

このときの効果的な方法は、専用のクシである程度除去したあとにシラミンローションを手に取り、頭髪と地肌に直接すり込むことです。

後は、20分以上放置すれば、アタマジラミの駆除が完了します。使い方自体は、とてもシンプルなので迷う事もありません。

また、1本あたりの内容量は、「240ml」と十分な量が含まれています。

【3】シャンプーで仕上げと予防

アタマジラミの仕上げと再感染予防には、シラミンシャンプーがオススメです。

残っているシラミを洗い流し、辛うじて生き残っているしぶといアタマジラミもティーツリーオイルなどの殺虫作用を持つ成分が有効です。

他にも、ニームオイルなどのシラミを寄せ付けない成分も含まれているので、予防にも使う事が可能です。

メインのシラミンローションだけでもアタマジラミ対策は可能です。より早く完全に駆除するなら、この3点セットがあると安心です。