アタマジラミの特徴と対策

各ページの概要

アタマジラミの成虫と卵の特徴

アタマジラミの大きさは、成虫で体長2~4mm、横幅は1mm前後です。色は白色~茶褐色です。

抵抗性シラミはどんなシラミ?

近年、「抵抗性シラミ」が増えていると言われています。殺虫剤に対して耐性を持っているシラミです。

アタマジラミが流行しやすい季節がある?

アタマジラミの流行に季節は関係ないと言われています。

女の子の方が寄生しやすい理由

アタマジラミは、女の子の方がうつりやすいと言われています。

アタマジラミはお母さんに移りやすい?

子供のアタマジラミで診察してみると、お母さんにも感染しているケースが割合的に多いそうです。

アタマジラミは大人にも感染する?

アタマジラミは、子供と近い距離の大人にうつることもあります。家族間で感染しやすいと言われています。

アタマジラミは都会ほど感染しやすい?

アタマジラミは、ヒトからヒトへと移ります。つまり、人口の多い地域ほど感染リスクが高いと言えます。

プールでアタマジラミのトラブルが多い?

小学校のプール授業のタイミングで感染が広がることがあります。

病院は何科に行けば良い?

アタマジラミは、皮膚科で診て貰えます。

アタマジラミは早く気づくことが肝心

子供が頻繁に頭を掻くようになったら、アタマジラミが居ないかチェックしておきましょう。

駆除にかかる期間は何日くらい?

従来のアタマジラミ駆除には、スミスリンが使用されてきました。

関連記事一覧

MENU