アタマジラミとその他のシラミの違い

アタマジラミの特徴

アタマジラミの大きさは、成虫で体長2~4mm、横幅は1mm前後、色は頭皮に近いような白色~茶褐色で、目を凝らして見ないと見失うことがあります。

栄養源がヒトの血液なので、成虫になり時間が経つにつれて見た目が茶褐色に変わってきます。

アタマジラミは、ヒトの後頭部、うなじ周辺を中心に寄生して頭皮の血液を吸血し、栄養を蓄え頭髪に産卵します。

アタマジラミの感染経路として多いのは、子供同士が遊んでいる時に頭髪同士が触れてうつることですが、直接触れてなくとも感染する場合も有ります。

例えば、プールの授業などで同じロッカーやカゴを使用し、そこに残っていたアタマジラミがタオルなどを介して感染するケースもあります。

また、幼稚園ではお昼寝の時間に枕の共有で感染することあると言われています。

アタマジラミの卵の特徴

卵は、乳白色で米粒のような形をしています。

毛髪にセメントのような接着成分で髪の毛の周囲を覆うように固着していたり、髪の毛の根元の部分に産み付けられることもあります。

色の黒い卵が見つかることがあるそうですが、それは、スミスリンシャンプーを使用した後に起こる現象です。殺虫成分による何らかの化学変化により変色することもあるそうです。

シラミ専用クシで卵を取り除く時、日本人の髪毛は黒いので、卵の色は白い方が見やすいと感じますが、子供の頭皮は白いので地肌に近いと見分けがつきにくくなります。

シラミの卵は、従来の駆除剤が効かないので、直接取り除くか、ふ化してから駆除するしかありません。

シラミの卵にはスミスリンは効かず、物理的に取り除けない場合もあります。

アタマジラミの駆除を効率よく行うためには、卵を駆除してアタマジラミがまた増えないよう対策してから取り除くのが理想です。

ヒトに寄生(吸血)する3種類のシラミ

ヒトの血を栄養源としているシラミは、3種類存在します。

アタマジラミ、毛ジラミ、コロモジラミで、以下のように棲み分けられています。

  • アタマジラミ:頭髪に寄生
  • 毛ジラミ:陰部(陰毛)に寄生
  • コロモジラミ:衣服に寄生

ノミやダニのように自然の中に居るのではなく、ヒトからヒトへうつってきました。

シラミの中で一番厄介なのは、コロモジラミだそうです。

理由は、山岳地帯などのように、毎日のようにお風呂に入る習慣が無いエリアで流行することが多く、感染症などのリスクがあるからです。

対して、アタマジラミ、毛ジラミは、基本的に感染症などは持っていません。

種類の違いを理解していないと、「アタマジラミは不潔だとうつる」と誤解されがちです。感染症の心配もありません。

注意点としては、アタマジラミが陰毛に寄生したり、毛ジラミが頭髪に寄生する場合があることです。

子供の変化を見逃さないように

「頭がかゆくてムズムズする」と子供が言ってきたら、アタマジラミの可能性があるのでくれぐれも見逃さないようにしましょう。

子供は、すぐにどこか痛くなったりかゆくなったり忙しいので、ついつい聞き流してしまうかもしれません。

事実、アタマジラミでも何でも無く冬場で肌が乾燥していたことでのかゆみという場合もあります。

アタマジラミは、季節関係なく流行するので、かゆみが連日続くようならしっかりチェックしてみることをおすすめします。

かゆみはアレルギー反応

アタマジラミの感染により起こる頭皮のかゆみは、アタマジラミの吸血によるアレルギー反応です。

子供は、かゆみを感じていても、アタマジラミを知らないために我慢してしまうこともあります。

異変に気づかないと、数が増え感染を広げるきっかけとなる恐れもあります。

アタマジラミが見つかった場合、他の家族の頭髪もチェックすると同時に、枕やシーツは熱湯で殺虫した後に洗濯したり、小まめな掃除が必要となります。

関連記事一覧

MENU