アタマジラミは都心部ほど感染しやすい?

人口密集エリアほど流行りやすい

アタマジラミは、ヒトジラミの一種です。

ヒトの血液のみを栄養源として生きているので、動物などにうつることも動物からうつされることはありません。

つまり、ヒトからヒトに感染して、未だに生き残っている寄生虫です。

野外で寄生されることはなく、流行源はヒトなので、人口の多い地域ほど感染リスクが高いと言えます。

地方の生徒数の少ない幼稚園や小学校より、人口が密集している都心部の幼稚園や小学校の方が感染リスクが高いのです。

衛生面は関係ありません

アタマジラミの感染は、細菌やウイルスとは異なります。不衛生だからうつりやすいというものではありません。

確かに、毎日お風呂に入っていないことで、結果的にアタマジラミの感染リスクが高くなることは考えられます。しかし、不潔だから感染しやすいということではなく、衛生的な配慮の意識の問題です。

つまり、毎日清潔にしていても、アタマジラミには感染します。

衛生面ではなく、子供の多い地域は自ずと感染リスクが高まるのです。

アタマジラミを良く知らない人からすれば、「ちゃんとお風呂入っているの?」「頭はしっかり洗ってる?」と、偏見を持つことがあるかもしれません。

誤解が生じないように、注意が必要です。

幼稚園で子供が感染した場合の対処として、アタマジラミに感染した子供は、お昼寝の際に別部屋に移されることもあると聞きます。

親がいち早く気づくことが大事

アタマジラミの問題点は、親自身もよく知らないことです。

子供がアタマジラミに感染したことが無ければ、気づくのが遅れてしまうだけでなく、間違った処置方法を続けて改善しないこともあります。

頭皮の汚れであれば、シャンプーを普通にすれば取り除くことが可能です。

アタマジラミの場合は、汚れのように簡単に取り除けるものではありません。正しいケアを行わないと駆除できずに時間だけが経過します。

更に、従来のシラミ駆除剤を使っても駆除出来ない「抵抗性シラミ」が増えてきていることも問題です。

関連記事一覧

MENU