プールでアタマジラミのトラブルが多い?

更衣室でロッカーやタオルを共有してうつる

小学校のプール学習がきかっけで、アタマジラミの感染が広がることがあります。

プールでアタマジラミのトラブルが多い原因として、更衣室のロッカー、タオルの共有などによる感染が関係しています。

小学校のプールは、ロッカーや脱衣かごは共用で衛生管理が徹底されていない場合も多く、タオルを使い回すことで実質の接触感染のリスクもあります。

アタマジラミは、吸血できなくても2~3日は生きることができます。

ロッカーや脱衣かごに落ちたアタマジラミが別のタオルに移動し、感染したのかもしれません。

こうした事態を防ぐためには、使用するタオルは他の人と共用しないなど徹底する必要があります。また、ロッカー内に着替えやタオルを入れておく時は、密閉出来る袋の中に入れるなどの対策を講じることができます。

タオルは熱湯消毒(煮洗い)してから洗う

アタマジラミの流行している時期は、子供がプールの授業で使用したタオルは、熱湯消毒してから洗うなど徹底した方が安心です。

アタマジラミは、60℃以上のお湯で5分程度浸すと駆除できるので、潜んでいる可能性がある場合は、タオルを熱湯消毒後に洗濯することで感染のリスクを低減できます。

乾燥機にかけるという方法も可能です。

乾燥機の場合は、70℃なら10分、60℃程度の温風なら30分以上かけることで駆除できるとされています。

関連記事一覧

MENU