アタマジラミは大人にも感染する?

子供から距離の近い親へ移る事は良くある

アタマジラミと言えば、子供が感染するもの、というイメージがありますよね。

実際、アタマジラミの集団感染が発生した場合、その場所は大抵小学校や幼稚園、保育園など、子供の集まる施設です。しかし、実際のところ、アタマジラミは子供だけに感染するというわけではなく、大人にも普通に感染するそうです。

では、なぜアタマジラミの感染は、子供の方が圧倒的に多いのでしょうか?

子供同士は、距離が近く一緒に居る時間が長いからです。

アタマジラミは移動するのに、ノミのように飛んだり跳ねたりすることはできないため、直接的な接触の際に感染するのが大半。つまり、大人よりも子供同士の方がそうした状況が作られやすいと言えます。

近くにいる位でうつる心配はありませんが、髪同士が接触する程だとアタマジラミがうつる危険性が高くなるのです。

となると、子供がアタマジラミに感染しやすいのも頷けます。

では、大人はそんなに感染する事は無いのでしょうか?

大人がアタマジラミに感染する場合は、自分の子供から直接的(子供と接触する)、または、間接的(子供が持ってきたアタマジラミが落ちた、床やシーツなどに接触することで)に移される場合がほとんどとのことでした。

大人であれば、毎日鏡を見る回数も多く身だしなみなどもチェックしていることでアタマジラミに早く気づくことが出来るかもしれませんが、子供は、そういう感染症があることも知らないし、実際に感染しても、痒みなどが引き起こされなければ、自覚することもありません。

そういう意味でも子供の間で広がりやすいのかもしれませんが、一日でも早く気づいてあげることで、アタマジラミの増殖を防ぐことが出来るので、夏場のようにシラミが活発になる時期には、出来る限り毎日チェックしてあげることは、結果的に親自身に移るリスクが減らせます。