アタマジラミの主な感染ルートは?

直接接触する事での感染がほとんど

アタマジラミは、ノミのように飛んだり跳ねたりはできないので、意外と感染しにくいようなイメージを持ってしまいがちですが、それは事実らしく、アタマジラミを頭に持っている人のそばに寄ったくらいで、それを移されるという危険性はほとんど無いみたいです。

もしも、野生に、人間に吸血するアタマジラミがいてそれが飛んでくるようなら、蚊よりも怖い存在となってしまうかもしれませんが、そんな事は無いそうです。

しかしながら、アタマジラミの集団感染に関するニュースは、毎年一定数ありますよ。

アタマジラミの感染経路は、どのようなものが多いのでしょうか?

調べたところ、アタマジラミが寄生している髪の毛に、直接接触することで移されるケースが大半を占めるとのことでした。つまり、髪の毛同士が直接触れ合うと危険。

また、髪の毛から落ちたアタマジラミのいる、シーツやタオル、枕カバーに接触することで、間接的に移されることもあるみたいです。アタマジラミは人間の髪に寄生して頭皮から吸血をしなくても、2~3日は生存できるそうです。

となると、感染経路は限られていても、感染のリスクは一定数伴うことになりそうです。

満員電車だったり人込みだったりと、他人との距離が必然的に近くなる場面は、日常生活の中でも多々ありますから。となると、結局はアタマジラミを持っていそうな人のところにはなるべく近寄らない、くらいの対策しか無さそうです。

シラミにもいくつかの種類がありますが、人に吸血するシラミは、人から人へと感染するので、衛生上の問題は関係なく、必然的に人の多いところで増えていくことになりますので、都会に住んでいる人ほど、気を付けなくてはいけないのかもしれません。

髪と髪が直接触れることが主な感染経路

時々、学校などでアタマジラミの集団感染に関するニュースを聞いた経験があるかもしれません。

実際のところ、アタマジラミにはどうやって感染するものなのでしょうか?

すると、意外なことに、アタマジラミにはそう簡単に感染することは無いとも言われているそうです。

ノミみたいに飛んだり跳ねたりはしないため、アタマジラミを持っている人の近くにいても、感染する心配はまず無いという意見でした。でも、本当にそうなのでしょうか・・・。

髪と髪が直接触れ合ったり、タオルや寝具などを共用したりしなければ感染することはほぼ無いそうなので、思っていた程、日常生活の中でアタマジラミに感染する危険性は高くないそうですが、それでも、近くに頭をバリバリ掻き毟っている人がいたら、髪同士が触れたりしないよう注意すべき事に変わりありません。

それに直接の接触が無くても、そのタオルや寝具などの共用物から感染する可能性があるなら、安易に考えない方が良いと言えます。

なぜなら、小さくて見えにくいから、気づかない事なんてザラです。

そして、数が増えてしまったら気づいた時にはもう手遅れなんていうことになってしまわないように、アタマジラミがいないか毎日チェックするようにできれば、感染するリスクを更に下げることが出来るのだと思います。

公園で遊んでいてもアタマジラミ感染する?

これは、アタマジラミにありがちな誤解です。

たとえば、森林公園のように木々が生い茂る場所に行って、ダニやノミなどと同じように感染してしまう事と混同されてしまいがちですが、砂場など、公園の遊具から感染するような事は、普通に考えたらあり得ません。

ヒトに寄生しているシラミは、自然環境だけでは生きていけないそうです。

これは、アタマジラミの生命力とも関係している事ですが、ヒトの血液を吸血して栄養を摂っていなければ、3日もすれば餓死してしまうとのことでした。

もしも、砂場で遊んで帰ってきた子供にアタマジラミを見つけたという事があれば、それは、一緒に遊んでいた他の子の頭にシラミが既に寄生していたという事が第一に考えられます。

でも、子供はお互いにアタマジラミを知らないし自分で発見できる事は少ないので、そういうものだと割り切って対処していきたいところです。