夏場に流行しやすいと言われる理由は?

夏場の都会で流行りやすい

アタマジラミが都会で流行りやすい理由は、人口密度が多く子供同士の接触回数が増えるかららしいですが、子供は、アタマジラミを知らずに他の子供とじゃれ合うので、それが、良くないらしいです。

と言っても、自分の子供がアタマジラミになっていると知らなければ、親も注意しようがありませんから、自ずと、アタマジラミが広まってしまうのもどうしようもない事のようにも思えます。

意識していないと見えない位小さな虫ですから、気づかないのも仕方の無い事です。

そんなアタマジラミを駆除するには、スミスリンというシャンプーやパウダーを使うのが一般的でした。でも、これだと卵が殺せなかったり、効かない種類(薬剤耐性シラミ)が居るので中々簡単に治らない事もあるそうです。

今では、卵も同時に駆除できるアタマジラミ駆除剤のシラミンローションがあるので、それを用いれば、結構簡単に解決できる場合も多いようです。

日本で紹介されはじめたばかりで日本国内での知名度はいまいちなようですが、これが、何かをきっかけに取り上げられたら、一気に認知されて人気となりそうな気がします。その位、シラミを駆除する働きは、目を見張るものがあるようです。

夏場は油断大敵!

夏場になるとシラミの話題がチラホラ出てくる事があるのですが、今のところ、身近では大丈夫そうです。でも、ネットで情報を探してみると、意外なほど、誰でもかかる可能性があるという事を知りました。

特に、子供同士だとアタマジラミが寄生する事が多いらしく、結構簡単にうつっちゃうそうです。

また、大人も性交渉によって毛ジラミがうつる事も多いそうですが、もしも、毛ジラミを持っている人と関係を持つと高確率でうつされるという事を知ったので、アタマジラミのように子供に多いからと大人は大丈夫とはなりません。

それに、子供が家に持ち帰ると、そこからの経由で母親、父親へと感染する事もあるので、同居する家族にも広がる可能性があります。

何はともあれ、対処方法を把握しておけば大丈夫だろうと思い調べてみると、従来のシラミ駆除剤に卵を駆除する働きが無く、数を減らして、また増えてと繰り返しながら、少しずつ駆除していくのが従来の方法らしい。

対して、シラミンローションなら卵にも効き目があるので、それを使うと、一網打尽も可能との事。

だけど海外から発送される商品しかないらしく、処理に時間がかかる従来品を根気よく使い続けるか、届くまで数日まって、海外製を使うかという事になると思うので、どちらが性に合っているかという事にもなってくるのかもしれません。

自覚が無いと気づいた頃には・・・

アタマジラミが結構身近な感染症だなんて全く知らなかったなんて人も少なくないようです。衛生環境や体調など関係なく、簡単にうつされてしまうという事で結構感染力が強いというのも初耳なのではないでしょうか。

しかも、流行するのは、夏場、都会という二つの関係があるそうですが、それだけ、人が多く密集しているコミュニティでは、広まりやすいのだとわかります。

特に無自覚な子供の中でアタマジラミが広まることが多いそうですが、その子供のシラミに気づかないと、一緒に生活している家族にも感染する事があるので注意したいところですが、やっぱり、知らないと気づかないので異変を感じてから気づくという事が多いようです。

そうしてアタマジラミに気づいてから駆除方法を確認するのでは遅いようなので、シラミ駆除はいかに早く気付いて対策するかが重要です。駆除製品を常備しておくと安心だなと思いました。

今は、シラミンという天然由来成分のみで早く駆除できる製品も出来ているので、もしも、アタマジラミに寄生されたなんて事が有ったら、早めにそれを使えば、大変な思いはしなくて済みそうです。

一番は、日頃から気をつけて感染されないようにする事ですけどね。