アタマジラミが流行しやすい季節がある?

季節・時期は関係ありません

アタマジラミの流行は、夏前頃に多くなるイメージがあるかもしれません。

実際には、アタマジラミの感染に季節は関係ないと言われています。

夏前頃がアタマジラミの季節と思われる理由は、プール開きの前などに集団検査をして気づくことが多いからです。

夏場に集団感染が多く見つかるのは、頭髪検査などにより発見する機会が冬場よりも多いだけです。

たしかに、プールの授業が始まると更衣室で感染が広がるケースもあるので、未然に防ぐために検査は必要です。

子供がかゆみを自覚してアタマジラミが見つかるのではなく、例年のことなのでと念のため検査してみたら見つかるというケースが多いことがわかります。

秋口に多いと言われる理由

夏以外では、秋口に被害が増えるとも言われています。

理由は、夏前~夏の最中に移ったアタマジラミが繁殖し、子供自身が自覚したり家族が異変に気づく頃だからと考えられています。

アタマジラミの成虫は、寿命が30~45日位で、その間にメスが産む卵の数は、「1日5個」です。一生涯では、50~150個とも言われています。

卵がふ化するまでは、「7~10日」ほどです。

知らず知らずのうちに数を増やし、1~2ヶ月経て、気づいた頃には無数に居たなんてことが起こりうるのです。

問い合わせが増える時期は10月以降

アタマジラミの被害について市役所などに問い合わせが増えるのは、10月~翌年の1月頃と言われています。

統計では6月と10月に多いという情報もあるようですが、どちらも、共通している10月あたりは、特に注意した方が良いのかもしれません。

10月頃に気づいた場合、逆算して8月くらいには既にアタマジラミが寄生したことも考えられます。

関連記事一覧

MENU