抵抗性シラミはどんなシラミ?

従来の殺虫成分に抵抗できるシラミ

近年、抵抗性シラミが増えていると言われています。

抵抗性シラミは、殺虫剤に対して耐性を持っているシラミのことです。

従来の駆除剤であるピレスロイド系(フェノトリン)などが効かず、駆除することが出来なくなってきています。

ピレスロイドとは

ピレスロイドは、除虫菊に含まれる成分を化学的に合成し類似させた薬剤で、虫の神経に作用して麻痺させる働きがあります。つまり、神経に障害を与えて動けなくすることで、弱体化させるというものです。

アタマジラミだけでなく、ノミやダニなどの寄生虫の駆除。他にも、農薬として害虫駆除に用いられます。

しかし、抵抗性シラミには効き目が弱く、動きを止めることができなくなってきているそうです。

その割合は、年々増加傾向にあり、ピレスロイド系のシラミ駆除剤に対するシラミ耐性率は、30%を超えているとも言われています。

単純にシラミ症となった場合、その3分の1程度は、従来の駆除剤ではどうにもできない状況となっているということです。

抵抗性シラミはどこからやってきた?

抵抗性シラミは、欧米から日本に入ってきた外来種と言われています。すでにアメリカでは、抵抗性シラミの割合が増えて社会問題化しているほどです。

アメリカでは、シラミ被害の9割が抵抗性シラミと言われています。

日本でも報告があります。

2012年7月11日の「昆虫医科学部第三室」の発表は、以下のような内容でした。

2006年から2011年までの6年間、フェノトリンに対して抵抗性を持つアタマジラミを全国調査したところ、トータルでは、試験者数795人に対し抵抗性を持つシラミが120件(15.1%)となったそうです。

特に沖縄県では数が顕著で、74人中71人から抵抗性シラミが発見されたという情報があります。

抵抗性シラミが増えた原因は?

抵抗性シラミが増えたのは、完全駆除する前に薬の使用を中断したことで生き残ったシラミが抵抗力を身につけてしまい、それが、子孫にも受け継がれたと言われています。

細菌が抵抗力を身につけるのと同じような原理です。

感染症が治りきる前に自己判断で中断してしまうと、かろうじて生き残った細菌が学習し抵抗力を身につけて同じ薬が効かなくなるという状況と酷似しています。

言い換えると、従来の駆除剤に含まれる成分は、抵抗性シラミを作ってしまうきっかけでもあると考えることができます。

関連記事一覧

MENU