アタマジラミの成虫と卵の特徴

アタマジラミの特徴

アタマジラミの大きさは、成虫で体長2~4mm、横幅は1mm前後です。色は白色~茶褐色です。

栄養源は、ヒトの血液のみです。成虫になり時間が経つと、見た目が茶褐色に変わってきます。

アタマジラミは、ヒトの後頭部、うなじ周辺を中心に寄生して頭皮の血液を吸血し、栄養を蓄え頭髪に産卵します。

アタマジラミの感染経路で多いのは、子供同の毛髪が触れてうつることです。

ほかにも、プールの授業で同じロッカーやカゴを使用し、タオルなどを介してアタマジラミが感染するケースもあります。

卵の特徴

卵は、乳白色で米粒のような形をしています。

毛髪にセメントのような接着成分で固着していたり、髪の毛の根元に産み付けられることもあります。

専用のクシで卵を取り除く際、日本人は髪の毛が黒いので、卵は見つけやすいと思われがちです。しかし、地肌に近いと見分けがつきにくくなります。

シラミの卵には、スミスリンは効きません。直接取り除くか、ふ化してから駆除するしかありません。

ヒトに寄生(吸血)する3種類のシラミ

ヒトに寄生するシラミは、以下の3種類です。

  • アタマジラミ:頭髪に寄生
  • 毛ジラミ:陰部(陰毛)に寄生
  • コロモジラミ:衣服に寄生

シラミの中で一番厄介なのは、コロモジラミだそうです。

なぜなら、山岳地帯のように、毎日のようにお風呂に入る習慣がないエリアで流行しやすく、感染症のリスクもあるためです。

アタマジラミ、毛ジラミは、感染症は持っていません。

種類の違いを理解していないと、「アタマジラミは不潔だとうつる」と誤解されがちです。

子供の変化を見逃さないように

「あたまが、かゆくてムズムズする」と子供が言ってきたら、アタマジラミがいるかもしれません。くれぐれも見逃さないようにしましょう。

子供は、すぐにどこか痛くなったりかゆくなったり忙しいので、ついつい聞き流してしまうかもしれません。

事実、冬場で頭皮が乾燥して起こったかゆみという場合もあります。

アタマジラミは、季節関係なく流行します。かゆみが連日続くようなら、しっかりチェックしてあげてください。

関連記事一覧

MENU