毛ジラミ対策にも用いることができる

子供と大人で併用が可能

ドクターズチョイスのシラミンローションとシャンプーは、大人の陰毛に寄生する毛ジラミの駆除にも使用できます。

ローションであらかたのシラミを駆除した後、シラミンシャンプーを用いることで瀕死の毛ジラミに追い打ちをかけることができます。

全てナチュラル成分なので、安心して使用することの出来るシラミ駆除製品です。

シラミンローションには、シラミを窒息させる、脱水状態に追い込むという二つの働きがあり、これらが天然成分のみで可能とします。

従来品のような殺虫剤を用いることも無く、毛ジラミ対策として行われる剃毛も必要ありません。

毛ジラミの特徴

毛ジラミは、見た目がカニのような形をしていて、体長は、成虫で1~2mm程度です。主な感染経路が性交によるもので、大人の男女間で起こりやすいシラミ症です。

普通、寄生場所は陰毛ですが、稀に頭部や体毛に寄生することがあります。

毛ジラミが吸血する際に唾液に含んだ麻酔物質を皮膚内に注入するため、アレルギー反応が出ることがあります。かゆみの度合いは人それぞれで、毛ジラミに感染していることに気づかないケースも稀にあるようです。

目視や陰部のかゆみ以外では、下着に赤黒い斑点のようなものがあれば、それは、毛ジラミが排泄した血糞(けっぷん)の可能性があります。

毛ジラミの駆除は簡単?

毛ジラミの寄生する陰毛は、頭髪と比べても範囲が限られているため、アタマジラミより対策は容易と言われています。

毛ジラミ対策なら、「直接見ることが出来る」「剃毛すれば何とかなる」という感覚から、独自の対策でもどうにかできると感じやすいことでしょう。

効果的な方法として、剃毛が有効とされています。

剃毛の注意点は、残った毛ジラミが陰毛以外の体毛へと移動してしまうリスクです。

すね毛や脇毛、胸毛、または、頭髪に寄生することもあるので、やり方によっては、被害が拡大してしまうリスクもゼロではありません。

処置を間違うと大変な状況に陥る場合があることに十分気を付けてください。

毛ジラミが厄介な場合

毛ジラミが厄介なのは、かゆみが出始めてひどくなるだけでなく、血糞(血液のカス)が皮膚や下着に付着することです。一種のアレルギー反応として、皮膚に色素沈着が引き起こすこともあります。

剃毛されて寄生場所を失った毛ジラミが他の体毛へ移り、股間周辺が痒かっただけだったものが、体中がかゆいというリスクも伴っているのです。

こうした万が一の事態を防ぐためにも、シラミンローションやシャンプーで毛ジラミ対策すれば、剃毛の必要も無く卵も同時に駆除することに繋がります。

再感染のリスクを遠ざけるには?

一時的にいなくなっても、寝具や下着に残っていた毛ジラミが再感染するリスクもゼロではないばかりか、同じ人からまたうつされる場合があるかもしれません。

再感染予防には、シラミンシャンプーが最適です。

シラミンシャンプーには、ニームオイルやペパーミントオイル、ティーツリーオイルなど、寄生虫の嫌がる天然ハーブ由来成分が複数配合されていて、駆除効果の他に忌避効果も高めてくれます。

それらの天然成分は、シラミだけでなく、ダニやノミなどの寄生虫にも有効とされています。

ここで紹介したシラミンローション、シャンプー、そして専用のクシのセットの取り扱いもあるので、いち早く完全駆除を目指したい場合、または、アタマジラミの駆除用としても考えるなら最適なセット内容です。

>>シラミ完全駆除3点セットの詳細はこちら

関連記事一覧

MENU