シラミンローションは毛ジラミも駆除できる

ヒトに寄生するシラミなら種類を問わず有効です

当サイトでは、シラミンローションはアタマジラミの対策用として紹介しておりますが、シラミンローションやシラミンシャンプーは、アタマジラミの駆除に限らず、大人の陰部(陰毛)に寄生しやすい毛ジラミの駆除にも使用できます。

正直なところ、毛ジラミの寄生する陰毛は、頭髪と比べても範囲が限られている上に直接見る事も出来るので、シラミ駆除剤などを用いなくても対策はしやすいと思うかもしれません。

その方法として、一般的に提唱されているのが剃毛です。

つまり、毛をすべて剃ってしまえば、毛ジラミの生息範囲を限りなく減らせるだけでなく、その毛についていた毛ジラミも一緒に取り除く事が可能なので、毛ジラミ対策なら、「直接見る事が出来る」「剃毛すれば何とかなる」という感覚から、シラミンローションなどの必要性を感じにくいものです。

ですが、剃毛しても、その付け根の毛ジラミの卵が残っている場合が有ったり、残っていた毛ジラミが別の場所へ移動する場合もあり、毛ジラミの寄生場所が増えてしまったり、体のあちらこちらで吸血され、アレルギー反応が出ると、今までは、股間周辺が痒かっただけだったものが、体中が痒いなんて事も起こりうる事です。

もちろん、剃毛しその段階でしっかりと除去できたとなれば、このようなケースも稀かもしれませんが、そうしたリスクはゼロではありません。

その点、シラミンローションやシャンプーで毛ジラミ対策すれば、剃毛の必要も無く、卵も同時に駆除できるので、除去したハズがまた後から増えるという事態も避ける事が出来るのではないでしょうか。

今までの問題点をカバーした新商品

シラミに寄生されたら、早く駆除しないと知らぬ間に増えるので要注意。

■アタマジラミ(子供に多い)
家に持ち帰って家族にも感染し、一家全員アタマジラミに寄生されたなんて事も起こり得ます。

■毛ジラミ(大人に多い)
痒みが出始めてひどくなるだけでなく、フン(血液のカス)が下着に付着したり、または、一種のアレルギー反応として皮膚にも色素沈着が引き起こす事もあるようです。

こうしたシラミは、早く除去したいもの。

しかし、今までの薬用シャンプーやパウダーには、限界がありました。
成虫や幼虫には効くけど、卵には、まったく効き目の無いもの。
天然成分だけで安全性は高いけど、その分、効き目が出るまで遅いもの。

どちらにしても一長一短。

ですが、これらのウィークポイントをクリアしたシラミンが密かな注目を集めているようです。

シラミンには、シャンプーとローションの二つのタイプがあります。

ローションであらかたのシラミを駆除した後、シャンプーを用いる事で更に追い打ちをかけることができるようです。しかも、最短20分で駆除できるようです。

しかも、シャンプーには、シラミ忌避効果の有る香りが含まれていて、シラミ流行の時期に合わせて使用すればシラミの予防も担ってくれます。更に、健康面で気になる殺虫成分も含まれていない天然由来成分のみなので安心です。