シラミンローションで毛ジラミ対策する際の注意点

従来の問題点を解消してくれるシラミ駆除剤

ドクターズチョイスのシラミンローションは、毛ジラミ対策にも用いることができます。

>>シラミンローションの詳細はこちら

毛ジラミの場合、寄生する場所が陰毛に限られるため、思い切って剃毛してしまうという方法もあります。シラミンローションなら、剃毛せず短時間で駆除できる場合もあるようです。

短時間で駆除可能な理由は、この商品の特徴である「シラミを窒息させる」働きと「脱水状態に追い込む」という二つの働きによるものです。

更に、これらの働きを持つ成分は、全て自然にあるものから抽出された天然成分のみなので、十分に安全性を考慮して作られているというのも大きな特徴です。

毛ジラミとはどんな生き物?

毛ジラミの見た目は、一見するとカニのような形をしているように見えます。

体長は、成虫で1mm~2mm程度のとても小さい虫です。

主な感染経路が性交によるものなので、男性から女性へ、女性から男性へと感染するというのが一般的なようです。

毛ジラミは、アタマジラミと同じように、吸血する際に唾液に含んだ麻酔物質を皮膚に注入するのでアレルギー反応が出ることがあります。かゆみの度合いは、人それぞれで中々気がつかないケースもあるようです。

アレルギー反応が出やすい人だと、かゆくてかゆくて仕方ない場合もあるそうです。

毛ジラミを目視や陰部の痒み以外で気づくケースは、下着に赤黒い斑点のようなものがあれば、それは、毛ジラミが排泄した血糞(けっぷん)の可能性があるそうです。

どんな自覚症状が出やすい?

自覚症状として主なものは、「痛がゆさ」と言われています。

シラミの数が増えたり、寄生されている期間が長引くことによって次第に痛がゆさが増していくと言われていますが、反対に、毛ジラミの数が増えても、全く無症状の場合もあると言われています。

痛がゆさの原因は、毛ジラミに咬まれた事での痛みが残っていたり、吸血する際に麻酔成分を体内に流し込むことにたいする一種のアレルギー反応だそうです。

また、血から栄養分を吸い取り、その後、フンをします。

いわゆる血糞(けっぷん)と言われるものです。

これが下着などに付着して斑点状の汚れとなり、これにより毛ジラミが居るのが確認される場合もあるそうです。

血糞は、下着だけでなく皮膚に付着して色素沈着を起こすこともあるそうです。

毛ジラミに咬まれると、ヘモグロビン由来の色素(ヘモジデリン)による色素沈着が皮膚に起こることがあるようです。目立たない部分だとしても、こうした二次的被害を防ぐ為にも早めの対策を心がけたいものです。

今すぐできる対策は剃毛

毛ジラミに寄生された場合、最も手軽ですぐ出来る対処方法は剃毛です。

剃毛すれば、毛にしがみついている成虫や幼虫と共に、陰毛に産み付けられた卵の大半も丸ごと除去することができます。

また、剃毛する際は、陰毛が乾いたまま剃毛すると毛ジラミが飛び散ることがあるので、お風呂場でボディソープやシラミ駆除剤を用いて濡らした状態で行う方が良いそうです。

ただし、剃毛する場合も注意しなくてはいけないことがあります。

それは、除去しきれなかった毛ジラミが陰毛以外の体毛へと移動してしまう場合があるということで、すね毛や脇毛、胸毛、または、頭髪に寄生することもあるので、やり方によっては、被害が拡大する恐れもあるという事です。

実際に、体毛に移動してしまったり、または、まつ毛などで増えてしまったような写真を見た時には、さすがにぞっとしました。

剃毛するなら1週間毎日続けること

剃毛も1度行えば済むというものではなく、一週間毎日剃毛をしつつ、シラミ駆除剤も同時進行で使っていく事でようやく駆除できると言われています。

一度にたくさん減らせる手軽さはあるものの、毎日のケアが必要となってくるため、結局、ある程度の時間を要することには変わりないそうです。

また、剃り残しがあると、そこに毛ジラミが残っていたり卵を産み付けられたりしやすいので注意が必要なようです。

毛ジラミの卵問題

毛ジラミで注意すべきことは、剃毛だけではありません。

一番厄介なのが卵の存在です。

シラミの卵は小さいだけでなく陰毛の根元に強く接着していることがあり、ボディソープで洗浄するくらいでは簡単に取れません。また、専用のクシを使っても毛根付近にある卵は、中々上手に取り除くことができない場合も多いようです。

シラミ駆除を行う場合は、卵もしっかりと取り除くことが重要です。

しかも、毛ジラミの卵は、今までのシラミ駆除剤に含まれていた薬では殺すことができないというのも悩みどころです。

シラミンローションに含まれる天然成分なら、卵も殺すことができる特性があるらしいので、残った卵に怯える心配もなさそうです。

薬の効かない新型のシラミが増えている

近年、従来のシラミ駆除剤が効かないタイプが増えて来ていると言われます。

その点も、シラミンローションなら問題ありません。

原料である天然成分は、薬のような働きではなく脱水や窒息に追いやるという性質があることから、どんなシラミが相手であってもあまり関係無く、万能性を持っているということがわかりました。

>>シラミンローションの詳細はこちら

関連記事一覧

MENU