毛ジラミに予防方法は無い?

防虫成分配合のシャンプーが良いらしい

毛ジラミというのは、人間から吸血して生きるヒトジラミの一種ですが、名前の印象では、毛のある場所ならどこでもという感じがしなく有りません。実際には、寄生場所は限定的で、陰毛部分に寄生する場合がほとんどです。

そのため、しらみという性質上、接触による感染がメインなのですが、陰毛同士の接触となると性交渉に限られることから、子供の集団感染などで時々話題になる頭じらみと違って、毛ジラミの患者は大人が多いそうです。

しかし、陰毛同士の接触によって感染するとなると、毛ジラミの予防方法は実質無いということになりますね。他の性病などと違って、コンドームなどの避妊措置をして防げるものではありませんから。

では、どういう方法で予防することができるのでしょうか?

毛ジラミを性交渉の相手方から移されないように予防するには、毛ジラミの症状がないかちゃんと行為前に相手方へ確認し、少しでも疑わしい場合は性交渉を避けるしか無いとのことでした。

まあ、毛ジラミに寄生されても命に関わることはありませんが、性器周辺の皮膚が死ぬほど痒くなるリスクを考えると、こんな面倒な方法でしか避けられないのは、ちょっと不安です・・・。

もっと前もって対策する方法は無いのでしょうか?

その方法として今すぐ取り組めるものは、陰毛を全部剃ってしまうことだそうです。

そうすれば、毛ジラミが移るリスクも減らせるだけでなく、万が一すでに毛ジラミに感染していた場合も隠れていられる場所を限りなくゼロに近づけることが出来て、毛についている卵なども一緒に取り除くことができます。

ただし、剃毛などに抵抗がある場合は、専用の駆除剤を前もって用意しておく事が良い事に変わり有りません。性交渉をする以上、いつ毛ジラミ症になるか分からないので、いざという時のために薬用シャンプー又はパウダーを、一つくらい買い置きしておくのも良いと思います。

今では、シラミの駆除よりも予防になる植物由来成分を配合したシャンプーもあり、そうしたものを普段から使用していれば、しらみの感染も抑えられるとも言われています。

市販のパウダーやローションを選ぶ場合

毛じらみは人に寄生するしらみの1種です。ほぼ陰部のみに生息し、稀に子どものまつ毛や眉毛、頭髪にも生息していることがあります。形は左右に幅広く、カニにも似ていることからCrab louseとも言われます。

成虫や幼虫などの取り方としては、薬用クリームやローション、シャンプーによるものが考えられます。これらは、薬剤師または医者にかかることで処方してもらうことができます。薬は、目や頭皮など影響を受ける部分がなければ身体全体に使用することが可能です。

基本、陰部の毛じらみは通常は頭髪に住むことはありません。これは頭のように柔らかく薄く細かい毛よりも、厚い毛の部分を好むからです。

一般的に利用される薬剤にはマラチオン0.5%水溶液ローションとペルメトリン5%皮膚クリームが含まれます。ローションはシャンプーよりも効果的な傾向があります。

あとは、フェノトリン0.4%粉剤、シャンプー剤を患部に数回使うことで成虫や幼虫を取り、駆除します。

毛じらみの卵は、セメントのような硬い物質でしっかりと毛に卵を固定させて産み付けられます。卵は灰白色の楕円形で、主に陰毛に付着します。

フケなどの毛につく汚れとよく似ているのですが、しっかりと毛に固定されているので、卵は指でつまんでもなかなか取ることができません。

もし毛じらみに感染してしまった場合には、しらみ駆除剤の「スミスリンLシャンプータイプ」や「スミスリンパウダー」を用法・用量通りに使用すれば駆除できるので、慌てずに対応しましょう。

毛じらみの場合、家族にも感染している可能性が高いので、よく調べて、感染していたら同時に駆除する必要があります。

成虫や幼虫などの取り方、卵の取り方などは、薬剤・駆除剤で取る以外に方法はありません。

スミスリンパウダー、スミスリンLシャンプータイプ共に、1日1回、2日おきに、3~4回繰り返して使用しましょう。

卵は約7日で孵化するので、毛じらみが卵からかえるのを待って退治する方法をとっています。