病院で治療して貰える?

駆除まではして貰えません

アタマジラミが寄生した場合、病院で確認して貰う事も出来ます。

その際には、皮膚科を受診する必要がありますが、子供のは、じっくり見れば、すぐに確認する事が出来ますが、親であるあなた自身は、実際に寄生されているのか念のためチェックして貰うという意味では、病院へ行くのも良いと思います。

ですが、皮膚科でアタマジラミを確認して貰っても、言われることは一つ。

「薬局でスミスリンを買って使って下さい。」実際に初めて病院でチェックして貰った親御さんに良く有る体験談ですが、結局、これだけです。

病院で行うのは、実際にアタマジラミが寄生しているかどうかの確認だけであり、何らかの処置や治療を施してくれるものではない事を理解しておきましょう。

外用薬や内服薬などが必要な病気ではないので当然と言えばそれまでなのですが、結局、自分で使い方を確認して、最適な量を地道にシャンプーしていくしかありません。

尚、スミスリンシャンプーの場合、1本あたり80ml入っていますが、髪が長い場合は、1回あたり20ml程度必要となるので4回分程となります。

3日に1度繰り返すという事ですが、これだと量が足りない場合もあるようです。

価格は、80mlで2,500円程度です。

健康保険適用外なので注意しましょう

まず、アタマジラミを病院で診てもらう事は可能ですが、原則として保険適用とはならないそうです。その理由は、寄生虫は、病気などでは無いからです。

また、すぐにでも病院で処置し解決してほしいという気持ちになるかもしれませんが、残念な事にシラミは、病院で駆除しては貰えず、各家庭で行う事になります。

病院でできるのは、「薬局で薬用シャンプーを購入して駆除を行ってください」と指示されるだけに過ぎません。

丁寧なクリニックでは、一部を取り除いてくれたり、使用方法もきちんと教えてくれるかもしれませんが、主なケアは、家族がしなくてはならないのです。

ただし、アタマジラミの吸血によって痒みがひどいなどのアレルギー症状が強い場合には、それに対する塗り薬などは、処方してもらえるそうです。もちろん、こちらは保険が適用されます。

結局、駆除に関わる費用は、どう転んでもすべて自己負担であるという事に変わりありません。

まだ、戦後を知っている世代の年配者の方であれば、シラミを知っているので、おじいちゃん、おばあちゃんが居れば、アタマジラミがどういうものかもある程度把握しているかもしれません。

ですが、今は、核家族化の影響や家庭同士のつきあいが薄れている事もあり、そうした情報が共有できにくくなっている事もあり、アタマジラミが病院で治して貰えるという思い込みもあるようです・・・。