今すぐできる対策はバリカンでの丸刈り?

髪を短く切るというのが最も簡単な方法です

アタマジラミを見つけた場合、今すぐできて最も効率的に数を減らす方法を挙げるとすれば、髪の毛を短く切る事です。特にバリカンで丸刈りにすれば、アタマジラミの生息場所を一度に減らす事ができるので有効な方法です。

男の子であれば、丸刈りも行いやすいと思いますが、女の子であれば、丸刈りというのは難しくなるので、可能な限り短く髪の毛を切るのが妥当なところかもしれません。

また、アタマジラミがきっかけで髪を短く切る方法として、自宅で処理する、もしくは、理髪店さんにお任せのいずれかが多いかと思いますが、後者の場合は、きちんと事情を説明するようにしましょう。

丸刈りだったり、短く切るなどして、髪の量が減れば、その分シラミンローションやシャンプーの使用量も減らす事が出来るので、節約にもなりますね。

場合によっては、シラミンすら出番が無くて済むなんてことになればうれしいところですが、明らかにアタマジラミに寄生されて発見まで短時間ならば、全体数も少なく卵も産み付けられていないので、クシだけで済むかもしれません。

ただし、いつ感染したかはっきりわからない場合、もしくは、心当たりが何日も前という場合は、やはり、シラミンなどの駆除剤を用いる方が安心ですね。

卵が頭髪の付け根部分に産み付けられている事もあるので、髪を短く切っても、場合によっては、丸刈りにしても卵が残っている事があるそうです。

それらも踏まえて、まずは、髪の毛をできるだけ短くして、あらかた数を減らすようにして、次に、クシを用いてなるべく除去する。

そして、シラミンローションやシャンプーを使って仕上げという流れで行うのが効率的ですが、どの駆除剤を選ぶにしても、その最初の段階として髪の毛を短くするのは、今すぐできる有効な対策ですね。

毛根付近の卵はバリカンでもクシでも取れない

しぶといシラミもシラミ専用クシをうまく使えば、目に見える範囲ならある程度取り除く事も出来ると言われています。これは、成虫や幼虫に限らず、毛髪にしぶとくこびりつく卵に対しても言える事です。

ただし、卵はセメントのような強力な成分で固定されているので、結構力が必要な事もあるそうなので、無理に引っ張って子供が居たがらないように注意してください。

それでも、髪の毛の途中にあれば、ある程度除去も可能だけど、唯一見えていても取れないのが、髪の毛の付け根に産み付けられた卵です。

シラミ専用クシは、クシ同士の隙間を使って髪の毛を一本ずつ挟み込んでスライドさせる事で取り除くという方法なので、頭皮と毛髪のちょうど間になる付け根にひっついている場合は、それも出来ないのです・・・。

また、ピンセットでつかみ取るという方法もあるかもしれませんが、1mmも無い小さな卵を取るのは、至難の業です。下手にいじったら、子供の頭皮に傷つけてしまう恐れがあるので良い方法とは言えません。

こんな厄介な毛髪の付け根の卵をどうしたら良いのでしょうか?

こんな時でも、シラミンローションなら卵を直接駆除する働きがあるので、物理的にすぐ取れなくてもふ化する心配が無くなります。次第に接着力が落ちてくれば、無理矢理取らなくても解決出来ます。