ティーツリーオイルがシラミ除けに有効な理由

アタマジラミに限らず虫除けとして有効な方法

シラミンシャンプーにも含まれている成分のティーツリーオイルは、万能性の高い成分として様々な商品に使用されています。

なぜアタマジラミ対策にティーツリーオイルが有効なのでしょうか?

ティーツリーオイルは、アタマジラミに限らず虫除け効果の優れた植物オイルで除菌などにも有効な成分として、水虫や皮膚感染症などの対策にも用いられている万能性の高いものです。

その優れた効果は、ここ数十年の間に発見されたというものではなく、オーストラリアの先住民であるアボリジニは、ティーツリーの葉を砕いて怪我や皮膚の治療に使うなどを何先年も前から続けてきたと言われているのは有名な話ですね。

現代では、様々な分野の研究が進み、植物の持つ新たな特性なども次々と発見されていますが、ティーツリーのように、これだけ歴史の深く、今も最前線で使い続けられている植物というのは、そう多くは無いように思います。

特に、アタマジラミのような寄生虫だけでなく、健康でも感染する事のある白癬菌による水虫の対策、カンジダ菌による日和見感染症などを予防する為に、色々な用途、色々な商品に含まれています。

ドクターズチョイスの商品でも、シラミンロシャンプー以外にも、ファンガソープEXやファンガクリームなど、天然由来成分による虫除けや殺菌に用いられています。

また、家庭療法として、購入してきたティーツリーオイルの精油を数滴シャンプーに混ぜて使用するアタマジラミの駆除方法もあるそうです。

しかし、この方法は、注意が必要です。

なぜなら、ティーツリーの成分を濃縮したオイルともなると、配分を間違う事で皮膚がかぶれてしまう恐れがあるからです。天然の成分でも、それだけ、作用が強い事を忘れてはいけません。

そうした意味でも、シラミンシャンプーのように適切な配合量で仕上げられていて、アタマジラミの駆除に有効性が確認されている製品を用いる事が最適だと思います。

ティーツリーオイルの原液には要注意

最も効果的な方法として、お風呂上がりの頭髪にティーツリーのピュアオイルを手ですり込んで使用するのが良いそうです。

確かに、これなら、ティーツリーの作用がダイレクトですよね。

そもそもは、オーストラリアの先住民(アボリジニ)が、この植物の葉をすりつぶしてオイルに混ぜて使っていたり、高い殺菌作用から薬として使われてきたと言われています。

これが、何千年も前からずっとだそうです。

今でもオーストラリアでは、かゆみ止めとして、または、擦り傷などに使う事があるそうですが、アタマジラミが流行すると子供の頭に使われているのだとか。

でも、使用方法には注意が必要です。

原液のまま使うのは、刺激が強すぎて危険だそうです。

まだ肌が薄い(弱い)子供にとって原液を使ってしまうのは、刺激が強すぎて肌が荒れてしまう場合もあるそうです。なので、原液のままではなく割合は高くても10%以下にした方が良いそうです。

ティーツリーオイルを直接すり込む以外では、シャンプーに混ぜるという方法もあります。他にも、水を入れて希釈しスプレーする方法など。

その点、シラミンなら、子供にも安全に使えるように配合量も計算して含まれているので、ティーツリーオイルを別途用意したり、配合量を考える必要も無いので手っ取り早いですね。