蚊取り線香の成分から生まれたピレスロイド

天然のピレトリンに似た成分を合成したもの

どこかのお医者さんの情報に、「スミスリンの成分であるフェノトリンは、蚊取り線香と同じ成分なので人体に悪影響は無い」と書かれていました。

でも、調べてみると正確には、違いました。

蚊取り線香の原料となるのは、除虫菊(シロバナムシヨケギク)に含まれるピレトリンという天然成分。

対するピレスロイドは、ピレトリンに似せて作った合成化学物質で、主に、蚊やハエ、ゴキブリなどの殺虫を目的とした製品に使用されています。

  • ピレトリン:天然成分
  • ピレスロイド:合成化学物質

やっぱり、この辺がちょっと引っかかります・・・。

似せて作っているから働きは似ていても、植物の中で作られる天然のものと、ビーカーの中で調合される合成のモノが全く同じとは思えません。

じゃあ、天然成分のピレトリンという蚊取り線香と同じ成分をうまく配合して、シラミ駆除剤と出来なかったのか気になるところですが、その辺は、除虫菊という天然原料である事で資源的にも費用的にも問題がありそうです。

その点、化学的に合成して作り出す事が出来れば、大量に製造できてコストも抑えられる。

では、合成化学物質のピレスロイドの安全性はどうなのかが気になりますが、昆虫を始め、両生類や爬虫類には、強い毒性を発揮するけど、対して、ヒトなどのほ乳類や鳥類には、作用が弱いので用いられているとの事でした。

これを目に見えた毒性が無いから大丈夫と判断すべきか、それとも、安全を十分に考慮して、避けるべきかが判断のポイントとなりそうです。

また、耐性シラミが増えてきて、ピレスロイドが効かなくなってきている事も踏まえて、判断すべきなのかもしれません。

化学的合成成分と除虫菊由来成分の違い

シラミ駆除剤など、殺虫剤成分として広く用いられているフェノトリン(ピレスロイド)について調べてみると、元々は、白花虫除菊(以後:除虫菊)というキクの胚珠に存在するピレトリンという成分が由来だそうです。

この成分は、淡黄色の油状物質であり昆虫に対する毒性作用は強いものの、人などのほ乳類に対しては毒性が弱い事から用いられるようになったとの事です。

ピレトリンを使用した最も有名な商品は、KINCHO(大日本除虫菊株式会社)の創始者である上山英一郎氏が除虫菊を使って開発した渦巻型の蚊取線香があります。

「じゃあ、蚊取り線香の成分でシラミ駆除するんだね?」

と思ってしまうかもしれませんが、スミスリンのフェノトリンはちょっと違うみたいです。

昔の渦巻き蚊取り線香の原料として用いられていた天然のピレトリンは、光や酸素、アルカリには、不安定な物質で、短時間で失活するという短所があります。

また、原料として除虫菊を用いるのも産業的な生産性に限界があったので、今では、天然のピレトリンを原料とした殺虫剤は、作られておらず、今の蚊取り線香の殺虫成分も合成して作られたピレスロイドという事になります。

化学的な合成で作られるピレスロイドは、除虫菊のような天然原料に依存しなくて良いので大量生産が可能となり、今では、農薬・家庭内殺虫剤成分として、広く利用されるようになっています。

私たちヒトに対する安全性については、除虫菊の成分であるピレトリンですら、皮膚に直接塗布する事でアレルギーを誘発する例、大量のピレトリンにさらされる事で様々な皮膚疾患や下痢、仕舞いには、神経症状をもたらす危険性があるそうです。

シラミ駆除剤に用いられるピレスロイド系フェノトリンの成分量は、十分に安全性を考慮して配合されているとは思いますが、濃度次第でリスクが伴うという部分は、押さえておくべき部分かもしれません。