お湯を使ったアタマジラミの駆除方法

シーツなどは60℃以上のお湯で5分以上浸け置き

アタマジラミを駆除する方法として、昔からよく熱湯消毒(煮洗い)は用いられていたそうです。

煮洗い時は、60℃以上のお湯に5分以上漬け込むと、寝具などに潜んでいるアタマジラミを駆除することができると言われています。

アタマジラミはヒトの毛髪から落ちても、2~3日は生存することが可能です。特にバスタオルや枕カバーなど、髪の毛が直接触れるものは、再感染のリスクを伴います。

そんな感染経路を絶つ為に有効な方法が煮洗いです。

使っているシーツの中には、熱に弱いデリケートなものがあるかもしれません。

デリケートなシーツにアタマジラミが潜んでいる可能性がある場合、ジップロックなどの密閉できるビニール袋で5日以上隔離するという方法もあります。

寝具が第二の感染源

アタマジラミは、直接感染の他、間接感染も注意しなくてはなりません。枕カバーやシーツ、タオルなどを介して間接的に移されてしまうことは十分考えられます。

アタマジラミは吸血行為をしなければ、2~3日で餓死するため、こまめな洗濯は、再感染を予防する上でも欠かせません。

家族にアタマジラミ症が出たら、寝具とタオルは頻繁に洗うことをおすすめします。

関連記事一覧

MENU