シラミ駆除剤はいつから使われるようになった?

シラミ駆除剤の変化

現在の日本で使用されている主なシラミ駆除剤の主成分は、フェノトリン(ピレスロイド系)です。

この駆除剤は、殺虫成分でありながらも、シラミ駆除に効果的で人体に対する安全性の高いことから推奨されています。

戦後の日本では、シラミが流行すると男の子も女の子も髪の毛を丸刈りにし、DDTやBHCという有機塩素系殺虫剤が使用されていました。

有機塩素系殺虫剤は、人体に与える影響が危険とされ1971年5月から使用禁止薬剤と指定されました。

1971年の5月以降、日本でシラミに有効な薬が全くない状態となってしまいます。およそ10年後には、アタマジラミの年間の罹患者数が2万4千人のピークを越えたそうです。

その後、1982年にアタマジラミの駆除剤としてスミスリンパウダー(フェノトリン)が販売されてからは、罹患者数が減少し始めたそうです。

しかし、それから10年後の1992年、再びアタマジラミの数が増え始め、毎年増加しているのが現在です。

今までのシラミ駆除剤が効かない?

近年、フェノトリンが効かないシラミが増えてきています。

フェノトリンの働きは、シラミの神経に障害を起こして動きを止めて弱らせていくというもので、一般的な殺虫剤の働きと同じです。

この働きでも駆除できない抵抗性シラミが増えていることが問題視されています。

抵抗性シラミに要注意

抵抗性シラミは、フェノトリンに対する抵抗性を遺伝的に持っていて、ピレスロイド系殺虫剤では駆除できなくなっていることがわかっています。

その影響で、シラミ症に罹患している人の割合が多くなってきているそうです。

特に沖縄県内では抵抗性シラミの割合が著しく、県内の罹患者全体のうち95%という高い割合で集中しているという情報もあります。

他県では、全体のおよそ5%程度とそれほど心配要らない程度のように思われますが、シラミは、1匹が寿命までに50~150個も卵を産むと言われているため、殺虫剤に対する抵抗力を身につけたシラミが過半数を占めるのも時間の問題です。

シラミ駆除剤選びの注意点

スミスリンなどのフェノトリンを主とする薬剤を正しく使用して、2週間以上シラミが減らない場合は、抵抗性シラミがいる可能性があります。

駆除剤選びも注意しなくてはいけません。

もしも、抵抗性シラミである可能性が高い場合、従来の駆除剤では完全に駆除するのは難しく時間と手間、費用が嵩みます。

シラミンローションなら、シラミの神経障害を起こす成分は入っていないだけでなく、天然のミネラルオイルの働きにより、脱水と窒息を起こしてシラミを駆除することが可能です。

抵抗性を保有するしないに関わらず、どのアタマジラミにも有効な方法です。

関連記事一覧

MENU