シラミンローションは、天然成分のみでシラミ駆除できるから安心

天然成分で効き目が早いシラミ駆除剤

「頭に白い卵がたくさん付いてる」

子供の頭髪にアタマジラミが寄生している場合、駆除剤選びが重要です。

最近は、シラミ駆除剤も種類が増えたので、いくつかの特徴から使用に適したものを探すことができます。

中でも、ドクターズチョイスのシラミンローションなら、天然成分のみでアタマジラミの早期駆除が可能です。

>>シラミンローションの詳細はこちら

このページには、シラミンローションの特徴を踏まえて、妥当なシラミ駆除剤を選ぶ場合のヒントとなるような情報を掲載しています。

最短20分で駆除できる?

シラミンローションは、臨床試験も行われています。

アメリカ現地の幼稚園で行われた臨床試験では、他のシラミ駆除剤との比較試験が行われました。

試験の結果、最短20分でアタマジラミを駆除できたという報告もあるそうです。

「最短20分?そんなに早く駆除できるの?」

アタマジラミを早期発見できたなどの条件を含みますが、短期間で済む可能性が高ければ、子供の負担が少なく済むだけでなく、処置する側の手間も減ります。

テスト結果の詳細は、シラミンローションの販売ページに掲載されています。

主成分の特徴

シラミンローションには、主成分としてナトラム・ミューリアティカムという天然由来の成分が使われています。

ナトラム・ミューリアティカムには、シラミの呼吸器を塞ぐ働き、水分を奪うという2つ働きがあるそうです。

従来のシラミ駆除は、殺虫剤成分を人体に害の無いレベルに薄めたものを頭髪に塗布することで、潜んでいるアタマジラミを麻痺させて駆除するという方法でした。

しかし、殺虫剤成分というイメージから使用を避けたいと思われている方も少なくありません。

その点、シラミンローションは、安全性の確認された天然由来成分のみという安心感があります。しかも、条件次第では、早期駆除も可能です。

病院での処置内容

アタマジラミを見つけた場合、病院で診てもらうことは可能ですが、駆除はしてくれません。

病院では、アタマジラミが実際に寄生しているかを確認だけで、その後の処置は、家に帰って自分たちで行わなくてはなりません。

また、アタマジラミの寄生自体は、病気ではないので自由診療となるので、基本は全額自己負担です。

皮膚の検査などとして、負担割合が少なくなるよう配慮してくれる病院もあるらしいですが確証はありません。

いずれにしても、駆除剤の準備も処置も自分たちで行うことになります。

従来の駆除剤は10日~2週間かかる

従来のシラミ駆除剤を使用した場合、駆除を終えるまでに早くても10日~2週間程度かかります。

卵を駆除する働きがない従来のシラミ駆除剤を使用した場合、頭髪に残っている卵からアタマジラミがふ化するのを待たなくてはなりません。

また、抵抗性シラミが増えたことで期間が長引くこともあります。

使用されているピレスロイド系の殺虫成分は、抵抗性シラミに対する効き目が弱いことが問題視されています。

ドラッグストアで買える一般的なシラミ駆除剤は、すぐに使える反面、抵抗性シラミが居たら数週間続けても改善しない恐れがあります。

アタマジラミの特徴と注意点

■成虫

アタマジラミの成虫は、体長が2~4mmほどで、白色や茶褐色の見た目をしています。耳のうしろや後頭部を好んで寄生します。

成虫になってからの寿命は、30~45日程度と言われていて、1日平均5個程度の卵を産み続けるそうです。

■卵

卵の大きさは、0.5~1mmほどです。光沢のある灰色がかった白色の楕円形をしています。

卵の駆除が課題

従来のシラミ駆除剤の問題点は、2つです。

  • 卵を駆除できない
  • 抵抗性シラミに効かない

ピレスロイド系の殺虫剤は、神経毒による駆除を行います。

成虫や幼虫の動きを麻痺させて動けなくするのですが、動かない卵には、効き目がありません。

その点、シラミンローションは、有効成分が成虫も卵も脱水状態に追いやる働きがあるため、シラミの状態を問わず作用します。

抵抗性シラミ対策

抵抗性シラミとは、殺虫剤に対する抵抗力を持っているシラミです。

アタマジラミが抵抗力を身につけた要因として、駆除しきれずに生き残ったシラミの子孫が遺伝的に強化されたと考えられています。

元々は、シラミが社会問題となっているアメリカで急増し、渡航者を介して日本へ入ってきた可能性があるそうです。

抵抗性シラミかを判断する基準として、従来の製品でも3週間以上経っても改善しなければ、抵抗性シラミの可能性も考えられます。

一度の駆除で使用する本数と価格

シラミを完全駆除する場合は、従来品として多く市販されているスミスリン(80ml)の場合、2~3本必要と言われています。

では、シラミンローションとスミスリンを比較した場合、どの位の価格差なのか確認してみます。

直営店のシラミンローション1本と、Amazonで購入可能なスミスリンシャンプーLを3本使用した際の価格差は、千円弱なので、そこまで開きはありません。

今すぐ欲しいという場合は、スミスリンを選ぶのが妥当に思えます。

ただし、卵の駆除問題、抵抗性シラミがいるかもしれないリスクを踏まえると、シラミンローションを試す価値はあるかもしれません。

シラミンローションを試したい場合

シラミンローションを試す場合は、到着までの1週間で行える対策があります。

シラミ専用コームを使用して、目に見えるアタマジラミを除去しておくことです。

目視で卵や成虫をなるべく取り除くように処置し、シラミンローションが届いたらすぐ使用すれば、少ない量で完全駆除できる場合もあります。

使用量が節約できれば、次のアタマジラミの流行に備えておくことができます。

特に、髪の長い女の子は、一度に使用する量がどうしても増えてしまうので、シラミ専用コームの活用次第で駆除効率に影響します。

予防を含めた対策

シラミンローションは、予防にも有効なシラミ駆除3点セットが販売されています。

■セット内容

  • シラミンローション(240ml):5,490円
  • シラミンシャンプー(240ml):3,980円
  • シラミン専用クシ:1,490円

個別の買うと10,960円(送料別)なのが、送料込みで1万円ちょうどで販売されています。

■シラミ専用クシ

目視できるアタマジラミは、専用のクシでなるべく取り除きます。

金属製なので熱湯消毒も可能です。

クシを使用する際、毛髪にシラミンローションを塗ってから使うと髪の毛も引っかからずに駆除できます。

■シラミンローション

ある程度除去が完了したら、シラミンローションを手に取り毛髪と地肌に直接すり込みます。

20分以上放置すれば、アタマジラミ駆除の第一段階が完了です。

■シラミンシャンプー

毛髪に残っているシラミの死骸を洗い流すのと同時に、しぶとく生き残っているアタマジラミに対し、植物由来成分が有効に働いてくれます。

ニームオイルなど、寄生虫が嫌う成分による再感染予防にも有効です。

シラミ駆除3点セットの確認はこちら

注文から届くまで

シラミンローションは、国内未発売のシラミ駆除剤です。注文後、ロサンゼルスから空輸されて到着まで1週間前後かかります。

ドクターズチョイスは、主にサプリメントの開発や販売を行っているメーカーですが、日本でシラミ駆除の有効な製品が無いことを知り、シラミンローションやシラミンシャンプーを開発したそうです。

新型コロナの影響で、子供たちも距離を気をつけるようになっていますが、シラミ感染は、家族間で起こりやすいので万が一の備えとして持っておくと安心です。

>>シラミンローションの詳細はこちら

MENU