アタマジラミは大人にも感染する?

子供から親へ移ることがある

アタマジラミは、子供と近い距離の大人にうつることもあります。家族間で感染しやすいと言われています。

髪の毛が触れあうなどの直接的な感染のほか、タオルやシーツ、枕などを共有することで間接的に感染することもあります。

アタマジラミの集団感染が起こるのは、大抵小学校や幼稚園、保育園など、子供の集まる施設です。原因は、子供同士の距離の近さにあります。

同じような状況が作られる家族間でも、感染が起こりやすいのです。

大人への感染が多くない理由

アタマジラミの特性を考えると、子供にだけ偏る理由はないように思えます。

なぜ、大人では感染しにくいと言われるのでしょうか?

理由は、以下のようなものがあります。

  • 集団行動時間が短い
  • 人同士の距離が遠い
  • 皮膚が硬い

直接的な接触機会が少ないだけでなく、皮膚が硬く吸血しにくいことも多少関係あるようです。

アタマジラミは母親への感染率が高い

子供のアタマジラミで診察してみると、お母さんにも感染しているケースが割合的に多いそうです。

なぜ、お母さんに移りやすいのでしょうか?

理由は、一緒に居る時間やスキンシップの頻度です。

お父さんは、仕事で出かけていて家を空ける時間が長く、子供と接触する時間は少なめです。

お母さんは、一緒に居る時間も長く、子供を抱えるなど接触機会が多いので感染率が高くなるようです。

また、アタマジラミは、後頭部や耳の後ろ側など頭の部位でも湿っている部分を好みます。

髪の量が多く長い女性は、男性より感染しやすい条件が揃っていることも関係しているようです。

関連記事一覧

カテゴリ